スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインカード作り Valentine's Day Card

Category : カリグラフィー・ペーパークラフト
アメリカのバレンタインデーの習慣は日本のものとは異なるようですが・・・
(どちらかというの男性が女性をエスコートする日のようです)

バレンタインデーの日は、アメリカでは一番グリーティングカードのやり取りの多い日なのだそう。
てっきりクリスマスカードのほうが多いと思っていたら、どうも小中学校の行事?でクラスメートとのカード交換をするらしいのです。
もらえる人ともらえない人が出て、不平等になったりトラブルになったりしないようにということで、イベント化してしまったもよう。
それはそれで楽しい行事だと思います。

確かにクリスマスのとき以上に、お店のカード売り場がにぎわっていました。

さて、私が今回作ったカードはこれ。

valentine

アンシャル体で書きました。私の大好きな書体です。 "L" の上のハートのところには、Glossy accents を使ってみたけれど、いまいちの効果。もっと効果的な使い方を探さないと^^;
こちらの面のふちももうちょっと色をつけたり飾りをつければよかったなぁと、今になって反省・・・

ちなみに、このデザインは、

「はじめてのカリグラフィLesson」 小田原真喜子著

のp.26に掲載されているものを真似しました。型紙もついていたので簡単にできました。一度この形で作ってみると次は別の形で応用できそうです。

折りたたむと、こんな感じに。

valentine

マーサのハートのきらきらでふちを飾って、綴じ目を片方はハートのパンチ、もう片方はハートのボタンで留められるようにしました。


そして、1つはこんな風にして、いつもお世話になっているお向かいのおばちゃんにプレゼントしました。

valentine

おばちゃんには、「日本の習慣では中のいい友だちやお世話になった人にチョコレートをあげることが多い」と一応、誤解!?されないように説明しておきました・・・通じたかな???


***** 以下アフェリエイトです *****

とても簡単に素敵なカードが作れる本。気に入っていてよく参考にしています。


はじめてのカリグラフィーLesson/小田原真喜子
¥1,050
Amazon.co.jp

Comment

6. Re:無題

>コアラ♪さん

なるほど~。LOVEの使い方も奥が深いのですね~。これからじっくりいろいろな人を観察してみようと思います~。

ちなみにカリグラフィーのイタリック体のLOVEの文字はとてもキレイなアレンジができるので使えるときが嬉しいのです~~~

5. 無題

ひゅぅひゅぅ~っ…、ってコアラおばちゃん、古いです♫再び登場~♫
ソカソカ、うーん…例えば、HAPPY`かLOVEを使い分けるには、その殿方の普段からのLOVEの使い方、頻度を見てみてはどうかな?仮に、外国人の殿方として…気軽に「LOVE」を使う人と使わない人がいると思うのがコアラおばちゃんの見解ですね。ちなみに、オオカミさんは結婚する前までは決して簡単に「LOVE」は言わない人でした。聞いたことなかったなー。大切に思っていて、好きな態度はお互いに見えていたけど、言葉は信用できないので、ワタクシも言いませんでしたわ。にゃははははっ…♫
デモ、他の殿方で家族愛、友達愛でLOVEを日頃から頻繁に使う方もいらっしゃると思うので、みゅうさんの想う殿方がドチラのタイプかな?
あとは、みゅうさんの「どんとこい」パワー次第で…♥
キャーキャー、鼻血ぶぅぅ~っ♥(^o^;)"""
頑張ってぇ~♫GOOD LUCK !!!
ちなみに、ワタシだったら、殿方の心の物差しを図ってからチョイスします。ぎゃぁ…現実的???にゃはははっ♫

4. Re:無題

>コアラ♪さん

かわいいって言ってもらえるととっても嬉しいです。ありがとうございます。
いくつになっても、「カワイイ」は大事な要素ですね。

う~~~~ん^^; 気になる殿方には、

happy → Love

にしたほうが素敵かしら???

3. 無題

まぁぁぁ♥ステキ・ステキ~♥
美しいカリグラフィーに可愛いカードでバレンタインプレゼントにピッタリだね~♪ステキよ~♪ウットリ♫
しかも、♥型だし…♪カワイィィ♥
確かに西洋では、殿方から女性へのプレゼントが主流ですが、みゅうさん、ココは東洋の近代女性代表として、気になる殿方がいたら、このステキなカリグラフィーカードとプレゼントとともに告っちゃってもよろしくてよ~♥にゃははっ♫(^o^)"""

2. Re:素敵~!!!

>みおぼんさん

お世辞でもそういっていただけると本当に嬉しいです><
アンシャル体は2世紀から3世紀の頃の古い書体なんですよ。昔の時祷書などに使われた書体なのです。

チョコレートは定番?のGODIVA。リボンはもともと箱についていたのですが、思いのほかぴったりで私も嬉しかったのです。(GODIVA婦人の話は正直どうなの???っておもうところもありますが・・・)

今回はマーサの道具や素材をいくつか使いました。スィートな雰囲気のものが多いので、バレンタイン向きですね♪

カナダでもバレンタインデーの習慣は同じなのですね~。親も大変ですが、クラフト好きなママなら親にとって嬉しいイベントだったり?

1. 素敵~!!!

とっても素敵でロマンチックなバレンタインデーのカード☆
この字体、アンシャル体って言うんですねぇ~!
私もこの字体は昔から好きなので、食い入るように見てしまいました(笑)。
とても手書きとは思えない程素敵なカリグラフィー。
ハートの形のカードやハートのラメにハートのパンチ、ハートのボタンなどどれもカワイイ要素がいっぱい!
真っ赤なサテンのリボンも素敵です♪

センスある素晴らしい作品、私も参考にさせていただきます~!

あ、こちらカナダでもやはり学校のクラスの子達全員に小さなギフトと共にカードを贈りあう習慣があるようです。
クラスの人数分を揃えなきゃいけないって、大変ですよね~!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。