スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七面鳥のミステリー Mystery of Turkey...

Category : 動物たち
ある日近所を運転中、道路一面に七面鳥の羽根が落ちていて・・・
そこは、いつも七面鳥がたちが横断するエリア。

「あぁ、、、一羽交通事故にあっちゃったのかな・・・」

と悲しい思いになったのですが、それとは別の気持ちが・・・

「Wild Turkey の羽根が大量に手に入る!」

といったん家に戻り(ちょうど家に帰るところだったことと、停車禁止エリアだったので)、車をガレージに入れてから急いでその場所に戻りました。

七面鳥のいろいろな部分の羽根を大量に手に入れられたわけですが、不思議なことにその本体(なきがら・・・)がないのです。
車に引かれたのならそういう跡が道路にあるはずだし、跳ね飛ばされたのなら道路わきにあるはず。
それに、あまりにも広範囲に羽根が落ちていたので、車にひかれたというのはちょっと考えにくい感じもしました。
車にひかれただけならそれほど羽根は抜けないはず。そうなると、暴れた結果羽根が散らかったと考えるのが自然なので、何かほかの動物に襲われたのか??? でもこのあたりには七面鳥を襲うような動物はいませんし・・・

ただ、まだ落ちている羽根がとてもきれいだったので、それほど時間もたっていないはず。誰かがその本体を持って帰ったとも思えず。
(Wild Turkeyはたぶん食べてもおいしくないかと・・・)

謎がいっぱいでした。う~~ん、ほかの野生動物に襲われたとしてもなぁ・・・これだけの羽根が抜けているのに生きているとは思えないし・・・

私が羽根を拾っている間、通りがかった人や車に乗った人はちょっと私を不思議そうに見ていましたが・・・
そりゃ。。。羽根を大量に拾っていたら怪しい人ですね^^;
でも背に腹は変えられません!カリグラファーとして???ここは拾うべき、そう、James(羽根の持ち主をそう名づけてしまいました!)のためにもせめて羽根を拾ってあげて、使ってあげなくては!とわけのわからない(へ)理屈で大量にGet.

拾っている間に、いつもの七面鳥の集団もやってきて、羽根を拾っている私を怪訝そうにみています。それもそうですよね、仲間の羽を拾っているのですから・・・
彼らは私を仲間の羽根を拾ってくれる人と思ったか、自分たちに害を与える人と思ったか定かではありませんが・・・残念ながらきっと後者でしょう。
もちろん私の気持ちは前者なのですが。

それで、その集団の数を数えました。いつもなら30羽で行動していた集団です。が・・・何度数えても29羽しかいません。
どうやら、Jamesはこの集団の1羽だったようです。悲しい・・・
でもどうして、どうして、、、羽根しか落ちていないの???

謎は深まるばかりでしたが・・・
家に持って帰って、しばらく干して?おきました。

戦利品?はこれ。


こんなに大量に!


こちらのほうがカリグラフィーには適しています。特に上側に写っている
キジのような白と茶の縞々の羽根がペンに向いているようです。



こちらはペンには向きませんが、とてもきれいな羽根なので、
クラフトに使おうと思って拾ってきました。


それで、翌朝・・・ まだ日が昇るのが遅いこの時期、暗がりの中、いつもの道を運転中。

なんと!!!

Jamesが!!!!!

いた!!!!!!!

のです!それは一目瞭然でした。

だって、

「羽根が抜けて丸坊主のような状態で」

歩いていたのですから・・・ いつもなら集団で行動するはずの七面鳥が、なぜか1羽だけで・・・
尾羽も翼の羽根もぬけて悲しい姿になっていたJames。でも生きていました。


ただ、残念ながら、その後Jamesには出会っていません。その後かなり寒い日が続いたので、あの状態では体の保温もままらなかったでしょうし、普段集団行動している彼が一羽で行動して生きていけるのでしょうか・・・

いまだ七面鳥の集団を見るとJamesがいないか・・・と確かめてしまうのですが。。。
きっと何らかの事情?で、仲間から攻撃されたのでしょう。それで仲間には戻れず一羽で。
少し暗かったし運転中だったのでしっかりと全部をみたわけではないけれど、足取りはしっかりしていたし、外傷もないようだったので(毛がない以外)、ほかの動物に襲われたとはちょっと考えにくくなりました。

きっと七面鳥の中にもルールとかあって、それに反すると村八分というのかそういうのがあるのかもしれませんね。いまだ(そして今後も)謎の解けない七面鳥の羽根の話でした。
どの世界も厳しいのですね・・・






Comment

12. Re:なんとーー!

>カリグラファー(西洋的モジ美人)yayoさん

すごい数でしょう!ただ、私はまだクイルを使って文字を書くのは苦手なので、(まだ上手に羽根ペンを削れないのです^^;)この羽根を使って練習かしら・・・

11. なんとーー!

すっごい羽根!
その子はどこへ行っちゃったのでしょうね・・・。

10. Re:恐ろしい話

>コアラ♪さん

そのパーティーとは、ソーイングプロジェクトでドレスを作られて、ブログで紹介されているパーティーですね♪
巨大なターキーレッグ!!食欲旺盛なセーラーさんたちのお腹を満たすだけのターキーさんだからさぞかし大きくて、そしてそのレッグも巨大なのでしょう。ううう。おいしそう。。。私も食べてみたいです。
ターキーレッグの骨って、噴水みたいに細い骨が広がっていきませんか?

9. 恐ろしい話

フッフッフッ…♫
みゅうさんは、どれだけコアラおばちゃんが食いしん坊か知ったらビックリたまげて気絶しちゃうかも。
今、みゅうさんが教えてくれたバックナンバーを見てきて、あぁぁぁぁ~(;*.*;)""" と涙しました。
みゅうさんは、「本当に大きいので2~3人で1つで充分です。」…と書いてあったけど、ワタクシ、一人でガブガブ余裕で食べます♫
もっと恐ろしい話聞きたい???
その2の話。
昨年末クリスマスの日、オオカミさんは船で泊まり勤務でした。軍の特別なはからいで、泊まり勤務やその他セイラーさんたちは、その日だけ特別に家族、友人を船での食事、特別クリスマスディナー(いつもよりチョットだけ特別)の夕食に招待してもらえました♫
なので、ワタクシはオオカミさんと一緒に船のセイラーさんたちと同じ食事を一緒にとることが出来ました♫
食堂へ行くと、「何食べたい?」と聞かれて、ターキーがあるのはわかっていたので、つい…ワタクシの口から「ターキーレッグが欲しいです♥」と言ってしまったら、
今までに見たことがないような、ものすごいULTRA SUPER BIGなターキーレッグ、あのDisneyのレッグの1.5~2倍はあるかというレッグが出てきて気絶しそうでした♥ ここで気絶しては食べられないと思い、ご飯はなし。サイドメニューを少しにして、そのターキーレッグを完食♫
ひぃ~っ、恐ろしい~っ!!!スゴイ?と思うでしょ???
ワタシも自分で、やっぱりEating Monsterと思ったけど、確かに大きかったケド、大きいターキーは骨もものすごく超BIGで…結局、それでも食べちゃった♫
やっぱり恐ろしい話ね♫ひぃ~っ…。

8. Re:無題

>コアラ♪さん

コアラ♪さんのストーリーに、Jamesには悪いけれど、私も大笑いしてしまいました!面白いです。

私もほんの少し、誰かが持って帰って調理してしまったのでは・・・と頭をよぎったのも事実なんですが^^;

トコトコ一人で、悲しげな足取り?で暗がりを歩いていたい姿は今でも忘れられません。どこに行ってしまったのかしら・・・

尾羽は1枚もなく、翼の羽根もほとんど抜け落ちた状態で・・・

そうでしたか!実はこっそり、コアラさんが・・・

あ、ところで、ロスのディズニーランドのターキーレッグ、巨大でおいしかったです~~
こちらにその写真があります♪
http://ameblo.jp/meww/entry-11097120336.html

7. Re:無題

>SojournerPawsさん

やっぱりそういうことがあるのですね。おかげですっきりしました!

今はまだ飾ったままにしていますが、きれいで気に入っています。

6. 無題

キャーッ、ひぃ~っ…、途中まで読んで怪奇物語になっちゃうのかと、ドキドキしちゃったわ(@o@;)"""
デモ、不可解な物語でもあり、とっても哀しくなっちゃったわ。
デモ、途中まで読んで私の読解力ストーリーでは、誰かターキーフリークの人がJamesを捕まえて、家で捌くのは匂いも手入れも大変なので、Jamesをその場で捌いて裸ン坊になったJamesを持ち帰り、美味しく食べちゃった…と、ひぃぃぃ~っ (;*o*;)"""
そういうストーリーだと被害妄想しちゃったわ。
絶対に誰かが持ち帰って、食べちゃったと思ってたわ。食いしん坊のコアラだからかしら???
とにかく、恐ろしい話だわ、ひぃ~っ…。
それでも、Jamesが裸ン坊でトコトコ歩いているのも、とても哀しくてコアラおばちゃんは涙が出そう…。
どうしてだろうねー…。
…と動物愛護に心を寄せてはいるものの、ワタクシ、ターキー大スキ、特にターキーレッグが大好物…。
うーん…、デモ、野生で歩いているのを見て、羽をむしって持ち帰り食べたいとは、決して思いませぬよ~!!! 犯人はワタシではありませぬ~…♫(汗)

5. 無題

私、どこかで読んだ記憶があるのだが、多分それは仲間による攻撃だと思うの。鳥社会も厳しいのよね。。。

でも、見事な羽をこんなにたくさん!飾るだけでも素敵だと思う!

4. Re:お、おぅ…

>みおぼんさん

私も拾うときに「病気」も疑ってみたのですが、羽根の落ちかたが病気で抜けたというような状態で落ちていなかったのです。かなりの広範囲に散らばっていました。おそらくなにやら暴れた結果と考えるのが一番しっくりくる散らかり方だったので、おそらく病気は大丈夫かと思います。ただ、寄生虫などがいる可能性があるので、しばらく干しておきました。もしかしたらアルコールのスプレーもしたほうがよかったかもしれませんね。
とりあえず、ネコたちがかゆがったりしていないので、大丈夫かなと思ってはいますが。

もしJamesに再会することができたら、この羽根を返しえてあげたいと思ってしまうほどにかわいそうな姿で歩いていました。

羽根ペンについては、その昔修道院で聖書などの「写本」の文化があったころに使われていた道具で、白鳥、キジ、ガチョウ、ダチョウ、カラス、ワイルドターキーなどの羽根が適しているといわれています。

それと、ワイルドターキーはたぶん、おいしくないと思います。というのも、私たちが食している七面鳥はほとんどが家禽として食べるために養殖されているもので、太らされているんです。
そういう七面鳥は真っ白なんですよ。ガチョウが白いのと同じです。鴨は白くないですものね。
というわけで、あまり栄養状態のいいと思えないワイルドターキーはあまりおいしくないのではないか・・・という推測なのです。(あまり運動しているようにも見えませんし・・・)

3. Re:ワオー

>ykさん

すごい数ですよね。拾ってきた私自身驚くほどです。
まずはこのペンを使えるように下準備しないといけないですね。いつ、このペンを使える日が来るかしら?

2. お、おぅ…

James(笑)、一体どうしちゃったのでしょう???
もしや何かの病気では?とちょっと頭をよぎったのですが、もしそうだった場合はこのキレイな羽根達も大丈夫かなぁ?っと(伝染性の場合)ちょっと気になってしまいました…。
村八分になった理由が気になりますね。
厳しい自然界のルールですから、この寒さの中大量に抜け落ちていたら、しかも単独行動であれば尚更生き残るのは難しいでしょうねぇ。

やはり羽根の大きさはハンパではないですね!
ビンが小さく見えます(笑)。
カリグラフィーには適しているのですねぇ。知りませんでした。…あ、そうか、羽根ペンって言うぐらいだからそうか(笑)!(一人で納得)

それにしてもワイルドターキーっておいしくない…のでしょうか???←食い意地が張って気になる
いやいや、Jamesを食べたいとかではないですけれど(苦笑)!どうなんだろう?と…。

1. ワオー

James はともかく、その羽すごいです^_^;

労せずして手に入れた羽々。。。
カリグラファーみゅうさんの、大いなる次の出番を、心待ちにしております^^
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。