スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運転免許・・・

Category : アメリカ生活
そろそろカリフォルニア州の運転免許を取得しなければ・・・とのことで、重い腰を上げて今日ようやく筆記試験を受けに行きました。

DMVといわれるところで手続きをします。住んでいる場所の近くで手続きをすればいいようです。
私が利用したところは少々混んではいましたが、係りの人がとても陽気で親切な人でしたので安心できました。


私の場合は日本の運転免許証を持っているので、法規などの筆記試験と路上の実技試験を受けることになる模様。ただ、SSNを持っていない私の場合どうなるのかもよくわからなかったため、ネットで情報を集めてみました。が、古い情報も多くよくわからなかったのでとりあえず行ってみることに。
事前に予約して行ったほうがいいみたいなのですが、今日は予約なしのWalk inで行ってみました。

ネットには予約なしの場合は1時間待ち、予約の人は待ち時間なしと出ていましたが、実際に1時間程度の待ち時間で筆記試験を受けることができました。

結果としては、書類作成から試験を受けて、TEMPORARY DRIVERS LISENCE(日本で言うところの仮免許)をもらうまではすんなりと手続きが終わりました。待ち時間、試験の解答時間も含めて約2時間でした。


今日の手続きをまとめておきます。

【持ち物】
・パスポート
・VISA
・I-94
・I-20
・日本の免許証と国際免許証(私のときは国際免許証は使いませんでした)
・Cash $31-

【流れ】
1.案内の受付でフォームをもらって記入 → 番号札をもらえるので呼ばれるまで待機
2.呼ばれた窓口で手続き。このとき各種書類を見せます。親指の指紋をとり、料金を支払います。
  さらにここで簡単な視力検査。
3.写真撮影
4.筆記試験
    法規36問、標識12問で6問まで間違っても大丈夫。
    日本語の試験問題もあり、英語版で受けるか日本語版で受けるか聞かれます。
    私は迷わず日本語で^^;
    制限時間などはありませんが、もちろん何も見てはいけません。
  ※ 私は「BROON BROON.com」さんの「DMV運転免許 日本語試験問題集(カリフォルニア・バージョン)
    を利用して勉強しました。ここの問題とそっくり同じ問題ばかり出題されたので試験は簡単でした。
    全部解いておくことをお勧めします!
5.問題を解き終わったら係りの人に答案をチェックしてもらって、合格点ならTEMPORARY DRIVERS LISENCEの交付です。


次は実技試験の予約をしなくては・・・これはWebからの予約になっています。
この報告はまた路上の実技試験を受けてから・・・


Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。