スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Schulz Museum

Category : アメリカ生活
Snoopy の生みの親である Schulz氏の美術館、「Schulz Museum」がSonoma近くののSanta Rosaというところにあります。ここにはスヌーピーの原画や人形などたくさんのものが展示されています。

Santa RosaにはSchulz氏が実際に住んでいたこともあるそうで、実際の作業場を復元した部屋などもあり興味津々でした。

Schulz
入り口。とってもシンプル。


Schulz
お人形がお出迎えです。


Schulz
Schulz氏の作業場。



Schulz
私がカリグラフィーで気に入って使っている「Higgins」のインクが!


Schulz
この壁の絵がすごいんです・・・


近寄ると・・・・・・


Schulz
すべて4こまの漫画で構成されています。1こまが1つのタイルに描かれ、その濃淡で全体がまた大きな絵に!



お庭にもたくさんの人形やかわいいベンチが置かれていて、仕掛け満載の美術館。あっという間に時間が過ぎてしまいます。



Schulz
美術館の外にはこんなカワイイベンチも。




この美術館の横には、アイススケート場もあって、年間を通してアイススケートができるようになっています。Schulz氏が子どもたちがいつでもアイススケートができるようにと建てたそう。実際にスヌーピーには、アイススケートのシーンがよく出てきます。



スポンサーサイト

California wine産地へ4 ~Domaine Chandon ~

Category : アメリカ生活

Napa Valley ワイナリーの次は、私の憧れだった、"DOMAINE CHANDON" 。 ドンペリなどで有名な、フランスシャンパーニュ地方のモエ・エ・シャンドン (Moet et Chandon)がナパエリアに設立した会社。スパークリングワインをメインに作っているワイナリーです。普通のワインも造っていますが、やっぱりここにきたらスパークリングワインを楽しみたいと思っていました。

ここもツアーには事前予約が必要で、今回は「カクテルツアー(Cocktail Tour & Tasting)」というものに参加。3種類のスパークリングワインを使って、3種類のカクテルを楽しむというものです。


入り口



ステンレスの巨大なタンクが並びます。すべてスパークリングワイン。




こちらは膨大な数の樽が保管されていました。





一通りワイナリー内のガイドツアーがあった後、それぞれのコースに分かれます。そして私は「カクテルコース」に。
予約していた1組が来なかったため、私たちのテーブルは4人で楽しむことに。

フロリダから来たというご夫婦とご一緒させていただきました。



お楽しみのテイスティング。
ワイナリーのガイドをしてくださった HELIO さんがここでも。




たくさんのグラスや、3種類のスパークリングワインそれぞれにあわせるリキュール、フルーツなどでテーブルがごちゃごちゃに^^;




ここのラベルは私のお気に入り。
流れ星のデザインです。



スパークリングワインは開栓すると保存できないので、なんと4人で3本をシェアする状態に。これはテイスティングではなく、好きなだけ飲める環境になってしまいました。

結局、スパークリングワインをまずそのままグラス1杯テイスティングして、そのあとカクテルを作ってまたテイスティングということを3種類のワインで繰り返し、合計6杯もいただくことに。3種類のカクテルの作り方を教えてもらいましたが、やっぱり私は全部そのまま飲むほうが美味しいな・・・というのが率直な感想。でもでも、パーティー向きのカクテルを教えてくれたので、見た目にも美しく盛り上がるカクテルは、それはそれでとても面白いと思いました。(カクテルにしてのむならそんなにいいスパークリングワインでなくてもいいような・・・^^;)


この後、この時間内に飲みきれなかった分のグラスを持って、ワイナリーのテラス席に移動し、グラスを傾けながらのんびりとした時間を過ごしました。
(そんなに飲むのか!?)


ここでの私のお気に入りは、「Reserve Pinot Noir Brut」。ピノノワール種のスパークリングワイン。これからは、何か特別なときはこのスパークリングワインを選ぶことになると思います。


そして、さんざん飲んだ後・・・酔い醒ましにお散歩を。

ピノノワール種のブドウ畑です。

ブドウの木がきれいに一列に並んでいます。
日本と違って背が低いです。



ブドウがなっていました。説明では、ちょうどこの前日に大規模なブドウの収穫があったそうです。






そしてなんと! 珍客が・・・

鹿さんがぶどうを食べに来ていました。


スパークリングワイン好きの人には最高の場所です。



~ Napa Valley Winery の関連記事~

California wine産地へ1 Starling Vineyards
California wine産地へ2 Starling Vineyards
California wine産地へ3 Starling Vineyards



California wine産地へ3 ~Sterlig Vineyards at NAPA~

Category : アメリカ生活
続きはTastingRoom


この入り口から入るとゆっくりテイスティングのできるお部屋があります。

室内にはこんなアンティーク小物の展示も。



景色のいい森の中のような場所でワインをいただけます。


ここで最初に飲んだのは、"2007Rutherford CabernetSauvignon"

カベルネらしいバランスのよいワインでした。


次にいただいたのは、とても甘くておいしいデザートワイン。"2010 Cellar Club Malvasia Bianca"
赤ワインの次に白ワインとなったので、ちゃんと新しいグラスに換えてくれました。こんな心配りがあるところがきちんとしたワイナリーなのかなとちょっぴり感動。ちなみに、最後のワインのテイスティングが終わったら、使ったワイングラスを返却して、新しい写真にあるロゴの入ったグラスをお土産用にもらうこともできます。


ここに写っているボトルが最後の白ワイン。グラスは新しいものをお持ち帰りできます。


このワインは、ドイツのアイスワインのような甘いデザートワインで、ハチミツの香りのする本当にデザートにぴったりのワインでした。


通常のテイスティングは以上の5種類。軽い白ワインから少し重めの赤ワインになって、最後デザートワイン。ときちんと、ワインのコースとして組み立てられているのもすばらしいところだと思いました。しかもどれも素人でもはっきり味の違いのわかる組み合わせになっていたので、楽しめました。

おまけで・・・今回はちょっとだけアップデート?のコースだったので、好きなReserve Wineも飲ませてもらえました。

この写真では赤ワインだけですが、白ワインをお願いするとちゃんとワインセラーから適温に冷やされたものを出してきてくれました。

リザーブワインとして楽しんだのは
"2008 Reserve Chardonnay"
"2006 Reserve CAV Cabernet Sauvignon"
の2種類。最後に2種類ランクの高いワインをいただいて、本当に大満足。
ここだけで合計7種類のワインをいただいて、少しずつではあっても結果的にはグラス3杯分近くにはなったはず。ちょっとほろ酔い気分になって、次のワイナリー "DOMAINE CHANDON" へ。

途中、有名なNAPA WINE TRAIN が走っているのをみながら移動しました。

ものすごくゆっくり走っている列車で、この列車はブドウ畑を車窓から眺めながら、おいしいお料理とワインを楽しむといったもののようです。
でも。。。となりが車道という現実を知ってしまったので・・・なんとも。


おまけ。。。
NAPAのワイナリーを移動する道は片側1車線の道で、お昼ごろからは少々混雑するようです。私も移動に若干時間がかかり、次の予約にぎりぎりになってしまいました。

渋滞も含めて考えて、余裕を持った予約、移動をしたほうがいいみたいです。


と次の記事は、ようやく "DOMAINE CHANDON" の記事です。引っ張ってごめんなさい^^;


念願だったバードフィーダーを設置しました

Category : 動物たち
子どものころからずっと鳥が好きで、いろいろな鳥を飼ってきました。

でも「バードフィーダー」の設置だけはまだしたことがありませんでした。ずっとマンション住まいだったので、糞などでご近所にご迷惑をおかけしてもいけないし・・・と躊躇していたのです。

それで、せっかくお庭のあるおうちだし、野鳥もいっぱいいることだしと、昨日、時期的にはちょっと早いようなのですが、Finchなどの小鳥用のものと蜜を吸うハチドリ(Hummingbird)用のものを購入してきました。
特にハチドリは憧れの鳥でした。一度見てみたい!と思っていたのですが、ここにきて初めて出会うことができました。すごく感動してしまって。その後近所にたくさんいることもわかって。
とても嬉しくて、ハチドリ用のバードフィーダーがあると知ったらもうこれは設置するしかない!と^^;


ついでに・・・リスが邪魔しないように別の場所にリス用のものも。


それで今日の午前中、涼しいうちに庭にバードフィーダーを設置しました。



こんな感じです。
Mew's Room-Birdfeeder




Mew's Room-Birdfeeder

赤い色をしているのは、ハチドリが赤い色をみつけると寄ってくる習性があるそう



Mew's Room-Birdfeeder

こちらはFinch用でアワやヒエ、ひまわりなどが入っています。


これはリス用
Mew's Room-Birdfeeder

ひまわり、コーン、ナッツなど油系のものが固形になって入っています




このように、とりあえず設置したので、近所にハチドリがいることは知っていますが、これを見つけて使ってくれるまでにどのくらいの日数がかかるかなぁ・・・と思っていたところ、

設置している間から近くの木の上で様子を伺っている子が一羽。
もしかして!

と思い部屋に潜んで!?観察していたら、本当に設置して数分でハチドリがやってきてくれました。
ならばとりあえず証拠写真???を撮らねばと、カメラを持って待つこと数分、またやってきてくれました。


Mew's Room-Birdfeeder


本当に上手にホバリングして飲んでいます。

さらにしばらく観察していると、この撮影できた子以外に数羽このフィーダーを見つけたようで寄ってくるのですが、なんと!!! 最初に飲んでいた子がほかの子たちをおっばらっているのです。
縄張りの習性でもあるのでしょうか。

最初の子がどこにいるのか見てみると、最初に私が設置している様子を伺っていた木の高いところにとまって、毛づくろいなどしながら見張っているようなのです。

Mew's Room-Birdfeeder

○で囲ったところにいます


拡大すると。。。
Mew's Room-Birdfeeder


という感じ。さてこの先どうなるのでしょう。

野鳥たちがこのバードフィーダーに慣れてくれた頃、またしっかり写真を撮りたいと思っています。

ソナタ、初の試練???

Category : 我が家のネコたち
相変わらずソナタのお気に入りの場所は、「階段の手すりの間」です。いつも挟まっています。
どんなに寝相が悪くても落ちる心配がないというのもあるみたいなのですが・・・
最近の挟まりっぷりはかなり大胆になっています。

また挟まってるなぁ・・・と上から

Mew's Room-ソナタ

何か用?




かわいかったので近づいて撮りました。

Mew's Room-ソナタ


Mew's Room-ソナタ

ボクはここが安心するんです!




もっと大胆に挟まって、両足そろえてキチンを座っている日もありますが、いつか真正面から滑り落ちてしまう日があるのではないか・・・とちょっと心配しています。ほんとドジっこなので。
これから先どんな挟まり方をしてくれるかも楽しみです。




~閑話休題~


この前初めてソナタをつれて近所をお散歩。リードをつけたものの予想通り歩いてはくれず・・・私に抱っこされて、結局私のお散歩となってしまいました。するとお散歩していたアメリカ人のおばちゃんがソナタに気がつき、なんと ”ソナタに向かって”、


おばちゃん"Beautiful cat! How are you?"

ソナタ「・・・」

おばちゃん"What's your name?"

ソナタ「・・・」

おばちゃん"I live ・・・・"(家の場所を教えてくれました)

ソナタ「?????」

といった会話?が。



家に帰った後、

私「ソナタも英語勉強しよっか?」

ソナタ「・・・・」

私「ソナタ・・・日本語だってわかってるか疑問なのに、いきなり英語で話しかけられても何もわからないよね・・・」

ソナタ「・・・・」

私「そうだね・・・・・・もし英語わかるようになっても言葉しゃべれないもんね・・・残念」

ソナタ「!」


と勝手に私で自己完結。


でもソナタの「このおばちゃん何言ってるの?」という表情(これも飼い主の思い込み)はかわいかったです。あ、一応おばちゃんとの会話でソナタの部分は私が一瞬迷った挙句、主語を 「ボク」と仮定して私がソナタになって代わりに答えたのでした。。。




Mew's Room-ソナタ

またボクのことネタにしましたね・・・

たまにはワルツちゃん

Category : 我が家のネコたち
ワルツは新しいベッドを買ってもらってちょっぴり満足。

でもベッドを買ったその数日後からまた夏の気温が戻ってきてしまい、ここのところは使ってくれていません。でもきっとまた寒くなったら使ってくれるのかな・・・(使って欲しいな・・・)
Mew's Room-ワルツ


Mew's Room-ワルツ




こちらは、窓ぎわでおくつろぎ中のワルツ。ワルツは、普段昼間は必ずといっていいほど2階の部屋の隅っこにいるので、日中1階の窓辺にいることは少ないのです。たまには日光浴してもらわないと・・・(ベッドを置いてある場所がお気に入り。吹き抜けでリビングが見渡せるのもポイントなのかしら?)
Mew's Room-ワルツ

Mew's Room-ワルツ

California wine産地へ2 ~Sterlig Vineyards at NAPA~

Category : アメリカ生活
乗り物を降りて山の上に到着して少し歩くと、とても見晴らしのいい場所に。
その手前に、グラスをもらえて、最初のワインを注いでくれる場所が。

このワイナリーはワインの工場を自分のペースで歩いて、その途中途中にテイスティングポイントがあり、ワインを味わいながら見学できるという仕組み。なかなか素敵です。

Mew's Room-STERLING VINEYARDS


ここでは最初のワイン "2010 Cellar Club Riesling" という白ワインをいただきました。とてもさっぱとしたシンプルな味わい。

Mew's Room-STERLING VINEYARDS


Mew's Room-STERLING VINEYARDS


このグラスを持って歩いていきます。ここの建物は白くてとても美しく、緑の山やブドウ畑にとても映えます。

建物の中には巨大なオーク樽やリザーブワイン専用の樽が置かれているスペースがありました。

Mew's Room-STERLING VINEYARDS


Mew's Room-STERLING VINEYARDS


ちょうどこの樽の置かれているスペースのある場所に2番目のテイスティングポイントがあって、そこでは"2010 Cellar Club Pinot Gris" という白ワインをいただきました。ほんのりハチミツの香りのするフルーティーなさわやかな味でした。私は今までこのPinotGris種のワインを飲んだことがなく一度飲んでみたかったのでラッキーでした。おいしかったです。

建物の中を出ると、すばらしい景色の広場に。一面に広がるブドウ畑が見られます。

Mew's Room-STERLING VINEYARDS


Mew's Room-STERLING VINEYARDS


Mew's Room-STERLING VINEYARDS


このとても眺めのいい場所で、この日最初の赤ワインのテイスティングです。
この景色の中でおいしいワインがいただけるなんて、なんて幸せなんでしょう!ベンチに座ってしばしの休憩です。

Mew's Room-STERLING VINEYARDS


"2007 Cellar Club Petite Sirah" このワインはとてもおいしかったです。気に入ってしまいました。香りがとてもよく、オーク香やフルーティさのバランスがとてもよかったのです。
Mew's Room-STERLING VINEYARDS


ここでしばらくのんびりして、次はテイスティングルームです。まだまだ続きがあります♪



California wine産地へ1 ~Sterlig Vineyards at NAPA~

Category : アメリカ生活
ちょうど今がぶどうがなっているシーズンということもあって、前から行きたいと思っていたCaliforniaWineの有名な産地であるNapaに行ってきました。
今年は寒かったため少し収穫が1~2週間遅れていたようです。


たくさん写真を撮ってきたので、何回かに分けての記事にしようと思います。


急に出かけることにしたので、出かける前の日にあわてて2つのワイナリーの予約を入れました。
Napa,Sonoma地区にはたくさんのワイナリーがあるのですが、見学やテイスティングには予約が必要なところも多く、はじめて行くということでもあり事前に予約の取れるところにしておきました。

今回予約をしたのは、Napa CalistogaエリアのSTERLING VINEYARDSというワイナリーと、Yountville地区にあるスパークリングワインで有名なDOMAIN CHANDONです。


STERLING VINEYARDSはWEBから予約すると$5-の割引があるのでちょっとお得。今回は割引の分だけひとつ上のクラスのワインがテイスティングできるコースに変更しました。

朝10:30のオープンにあわせて出発。Napaエリアに入ると一面ブドウ畑が広がり美しい風景になります。道の両側にはワイナリーがたくさんありました。道路わきには有名な「WINE TRAIN」の線路も。

10:30少し前にSTERLING VINEYARDSに到着。このワイナリーの建物は山の上にあって、道から見ると白い建物が山の中に見えてとても美しいのです。



入り口の写真

Mew's Room-STERLING VINEYARDS


この入り口を入って駐車場に車を止めると、そのすぐそばにはブドウ畑が。立派なぶどうがなっていました。やっぱりブドウがなっているシーズンにきてよかった♪
Mew's Room-STERLING VINEYARDS


10:30オープンにもかかわらず、10:45頃にようやくオープン。予約してあったのでスムーズでした。けれどここは予約なしでも大丈夫そうでした。ただ、ここは予約してあってもしてなくても、写真入りのIDの提示を求められます。(年齢確認のためで生年月日が確認できるもの。カリフォルニアはとても飲酒の年齢制限に厳しいです)

予約の確認をしたら、小さな4人乗りのトラムにのって山の上に。小さな乗り物なのでほかのグループと一緒になることもなく、ゆっくり風景を眺めることができていい感じです。4分弱の短い時間ですがすばらしい景色が見られます。

Mew's Room-STERLING VINEYARDS



真ん中よりちょっとしたに小さく写っているのがその乗り物

Mew's Room-STERLING VINEYARDS



前置きが長くなりました・・・続きは次の記事

ソナタ、ワルツが換毛期を迎えました!

Category : 我が家のネコたち
関西で6月に生まれて、その約半年後11月末に沖縄まで飛行機でやってきてしまったソナタ、ワルツ。二人とも「冬」を知らない子たちです。沖縄はどんなに寒くても10度程度はありました。屋内ならそれほど下がらないですし。

またまた飛行機に乗って、今度は太平洋を渡ってアメリカにやってきた二人は、初めて大規模な?換毛を経験しているようです。毎日ブラッシングをしますが、ふたりとも一回でそれぞれソフトボールからバレーボール1個分くらいの毛が抜けます・・・サボったら大変なことになりそう。

お外は最低気温と最高気温差が20度位あるこの地域。とはいえ、おうちの中で暮らしているので、外ほどの寒暖差はありません。けれど、やっぱり動物なので外の気候に体があってしまうのでしょうか。冬毛にする必要ないと人は思うけれどネコにとっては大事なことなのでしょう。

この子たち、こんなふわふわなネコだったんだ・・・とはじめて知りました^^;


ワルツの脚のアップ・・・ ふわふわになってきました。

ワルツ


窓辺でふたり仲良く

ワルツソナタ


ワルツソナタ


ワルツソナタ

お外では鳥のさえずりが一日中聴こえています。
窓を開けると、そのさえずりを聴きにやってきます。
外からの日差しが優しい昼下がりの写真です。







運転免許・・・

Category : アメリカ生活
そろそろカリフォルニア州の運転免許を取得しなければ・・・とのことで、重い腰を上げて今日ようやく筆記試験を受けに行きました。

DMVといわれるところで手続きをします。住んでいる場所の近くで手続きをすればいいようです。
私が利用したところは少々混んではいましたが、係りの人がとても陽気で親切な人でしたので安心できました。


私の場合は日本の運転免許証を持っているので、法規などの筆記試験と路上の実技試験を受けることになる模様。ただ、SSNを持っていない私の場合どうなるのかもよくわからなかったため、ネットで情報を集めてみました。が、古い情報も多くよくわからなかったのでとりあえず行ってみることに。
事前に予約して行ったほうがいいみたいなのですが、今日は予約なしのWalk inで行ってみました。

ネットには予約なしの場合は1時間待ち、予約の人は待ち時間なしと出ていましたが、実際に1時間程度の待ち時間で筆記試験を受けることができました。

結果としては、書類作成から試験を受けて、TEMPORARY DRIVERS LISENCE(日本で言うところの仮免許)をもらうまではすんなりと手続きが終わりました。待ち時間、試験の解答時間も含めて約2時間でした。


今日の手続きをまとめておきます。

【持ち物】
・パスポート
・VISA
・I-94
・I-20
・日本の免許証と国際免許証(私のときは国際免許証は使いませんでした)
・Cash $31-

【流れ】
1.案内の受付でフォームをもらって記入 → 番号札をもらえるので呼ばれるまで待機
2.呼ばれた窓口で手続き。このとき各種書類を見せます。親指の指紋をとり、料金を支払います。
  さらにここで簡単な視力検査。
3.写真撮影
4.筆記試験
    法規36問、標識12問で6問まで間違っても大丈夫。
    日本語の試験問題もあり、英語版で受けるか日本語版で受けるか聞かれます。
    私は迷わず日本語で^^;
    制限時間などはありませんが、もちろん何も見てはいけません。
  ※ 私は「BROON BROON.com」さんの「DMV運転免許 日本語試験問題集(カリフォルニア・バージョン)
    を利用して勉強しました。ここの問題とそっくり同じ問題ばかり出題されたので試験は簡単でした。
    全部解いておくことをお勧めします!
5.問題を解き終わったら係りの人に答案をチェックしてもらって、合格点ならTEMPORARY DRIVERS LISENCEの交付です。


次は実技試験の予約をしなくては・・・これはWebからの予約になっています。
この報告はまた路上の実技試験を受けてから・・・


うれしい機関誌

Category : 動物たち
ちょっと前の話ですが・・・

モントレー湾水族館のメンバー登録をしたので、機関誌が送られてくるようになりました。
この機関誌以外にも毎週Topicsのメールも届くのですが、やっぱり薄い冊子ではあっても印刷物が届くと何となく嬉しい気持ちになります。

Mew's Room-モントレー



今回の内容は主に、リニューアルオープンしたOpenSeaの特集。以前はOuterSeaという展示だったようですが、名称も変わってリニューアル。ウミガメ、マンボウ、シュモクザメ、シイラ、マグロ、カツオなどなど・・・大型魚がたくさん泳いでいます。

$Mew's Room-モントレー



モントレー湾水族館のFacebookは毎日面白い話題を提供してくれていて私も気に入っています。
写真もとてもきれいです。水族館好きの方はぜひ観てみてください。

以下の画像は モントレー湾水族館のフェイスブックの画像の借用です。

$Mew's Room-モントレー湾水族館FBより


Mew's Room-モントレー湾水族館FBより


Mew's Room-モントレー湾水族館FBより
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。